あたしとボクとわたしと私の世界は灰燼(私ときみの壊れた夢)

作品集: 最新 投稿日時: 2010/03/20 23:54:18 更新日時: 2012/02/26 05:41:20 評価: 10/11 POINT: 57 SPPOINT: 61 Rate: 1.49
 とある、オカルティックな実験所なんて全く縁の無さそうな、それでいて幻想的な診療所の朝である。季節は分からない。

 その寝室には、一つの大きめな布団があり、一人の銀髪の少女と、黒髪の少女が二人して悪夢を見たかのように寄り添いあっていた。

 今、銀髪のほうの少女が目を覚まし、目の前の、うーんむにゃむにゃ、などと寝言をつぶやき始めた少女におそるおそる話しかけている。

 まだ外の世界は朝日が差し始めたころで、随分早い起床だと言わざるを得ない。

 本当に、悪夢にでもうなされていたのであろうか。



「お、おはようございます、姫」



 銀髪の少女の挨拶を聞き、しばらく、いやずいぶん待ってから、黒髪の少女は完全に目を覚ます。

 その間、ずっと銀髪の少女は黒髪の少女の寝顔を見つめていた。

 口をそっと近づけようとしたが、あわてて引っ込めたりもした。



「ふぇえ、そんな堅苦しく呼ばなくていいよ、永琳、って……ん……ねむ」



 そんなことを一切気にせず、あくまでマイペースに寝間着を整えつつぴんぴん跳ねている髪の毛をなおしつつ寝汗をぬぐいつつ。

 ゆっくりと、しかし着実に、永琳の持つ雰囲気に気づき、彼女は頬を緩めた。

 待ちくたびれた吉報が、やっと届いた時のような晴れやかな微笑で、黒髪の少女は足を崩してちょこんと座った。



「いえ、寝起きなので。……輝夜」



 輝夜、と呼ばれて、少し肩に力が入った。

 目の前のきみの一挙動一挙動全てに注目を注いでいるように見える、輝夜。

 しばらくの沈黙の後、永琳は自分自身を答え合わせするかのように、困惑しながらも、しかし彼女は言い切った。







「見ろよ妹紅のバストを・・・まるで俎みてえだ!!!」









 輝夜は、それを聞いて、全力で微笑んだ。その微笑は、見る者全ての心を完全に捉えきってしまうであろう微笑だった。

 しかし、これから先は、永琳にしか向けられることはないだろう。

 返答なんてとっくのとうに決まっていたんだ、と言わんばかりのとびきり弾んだ声で、やがて輝夜は叫ぶだろう。













「まさかよ しかし永琳には勝てねえぜ」
ヒューッ。
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2010/03/20 23:54:18
更新日時:
2012/02/26 05:41:20
評価:
10/11
POINT:
57
SPPOINT:
61
Rate:
1.49
1. 通常ポイント3点 お題ポイント3 じろー ■2010/03/27 02:34:16
こぽこぽという音の表現が何度も繰り返されていますが、若干冗長のように感じます。そこまで必要な音なのかと思いました。これを書かずに違う音の描写でたとえてみると、想像が働いてくれるものになると思います。
終盤の文章のリフレインも続けて同じものが、来ると新鮮さがなく、読み飛ばしてしまいそうになります。リフレインをするなら、離れた位置で、あと前後で若干言葉を変えるとおもしろいと思います。
2. 通常ポイント6点 お題ポイント5 ワタシ ■2010/03/28 02:23:23
永琳メインはドロドロした話が似合いますよねぇ。
くすりでサブ出演は多いですが、メインはこれくらいのような気がします。書きづらいんでしょうか。
3. 通常ポイント4点 お題ポイント4 ぶるり ■2010/04/01 18:01:49
 私まで牢獄に閉じ込められたような錯覚ががが。
 足に鎖をつけられた、と言い換えても良い。捕らえたら離さない、魔力かもしれません。
 もしかしたら毒なのかもしれない。変な毒を飲んでしまいました。

 お題について。
 音、くすり、きみ、全て使われています。
 使われてるだけ、という印象。
4. 通常ポイント6点 お題ポイント4 八重結界 ■2010/04/02 17:15:34
天才の心は理解できない。
ちょっと理解できた気になっていますが、この推測もきっと的はずれなんでしょう。多分。
5. 通常ポイント6点 お題ポイント8 静かな部屋 ■2010/04/02 21:00:37
【内容のこと】
 うわわわわわわわ。恋なんて病気の一種だ。精神病の。自分と相手しか見えなくなる
 しょ、少女……?えーりんが?はははそんなばk(ピチューン
結局、少女たちの望みは叶ったわけですね

 分かりにくかったですが、雰囲気だけで読めてよかったと思います。

【お題のこと】
 効果的に使えていたと思います。全部。素晴らしい。
6. 通常ポイント4点 お題ポイント6 飛び入り魚 ■2010/04/02 21:36:27
 むしろ、お題の使い方がうまく感じられます。薬の音が印象的。
 Motherシリーズ定番の薬漬けの人々を思い出しました。
 ただ、なぜその世界が終わったのか等、分かりにくいところも多々ありました。
7. 通常ポイント5点 お題ポイント8 時計屋 ■2010/04/02 23:13:20
うーむ、確かに悪い夢のようだ。
終わったと書かれても全然終わった気がしないところが特に。
こぽこぽ。
8. 通常ポイント7点 お題ポイント7 K.M ■2010/04/02 23:13:49
読んでいて、バッドエンドになるんじゃないかとハラハラしながら読ませて頂きました。
9. 通常ポイント8点 お題ポイント8 Ministery ■2010/04/02 23:28:40
いいなあ。シンプルなロジック、シンプルなラスト。
正しくマッドサイエンティスト然とした永琳でした。
10. 通常ポイント8点 お題ポイント8 パレット ■2010/04/02 23:44:49
申し訳ありません、時間が差し迫ってますので感想は後ほど……。
11. フリーレス ■2010/04/04 01:01:06
まずは、皆さん読んでいただきありがとうございました。
感想レスをさせて頂きます。

>>1
この音はずっと同じでなければならないものです。
少なくとも永琳編と少女達編で同じでなくてはなりません。
ループに関しても、最後はふたりともただひたすら同じことしかしていなかったという表現です。
一言くらいそういうことを入れておけばよかったかな……。
>>2
永琳は色々設定が重いですからねぇ。でも、幻想郷に住んでるんだから幸せになってほしいです。
>>3
ありがとうございます。
お題については、確かに入れただけ感はあるかもしれません……。
使いこなすようになるまではまだまだ修行が足りないか。精進します。
>>4
色々頑張って仕掛けを込めたつもりなので、少しでも推測して頂けたのなら嬉しい限りです。ありがとうございました。
>>5
永琳の恋が叶うお薬は遠回しに彼女の恋を叶えたのでした、というお話でした。
ありがとうございます。
>>6
ありがとうございます。
世界が終わった理由については何も書いてませんね……永琳に飽きたって一言言わせれば良かったのかなぁ。
>>7
確かに変なエンドになった気がします。完全無欠のハッピーエンドだったはずなのになぁ。
技量が足りませんでした。精進します。
>>8
ありがとうございます。ハッピーエンドがやっぱり良いです。
>>9
ありがとうございます。
永琳について、こんなの永琳じゃないよって感想を受けるかと思ったので意外でしたw
>>10
楽しみに待ってます。

改めて、皆さんありがとうございました。そしてコンペお疲れ様でした!
名前 メール
評価 通常ポイント
お題ポイント
パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード