忍者ツールズ

モモの面を製作したときに、mixi日記でその過程を綴っていたものをまとめてみました。
あくまで眠子流の方法なので、参考程度にご覧頂ければと思います。
キャラは「しにがみのバラッド。」のモモですが、瞳を変えて別のキャラとしても使いまわししています。
2009年08月01日 製作ちぅ…その1
ただいま、新しい娘を製作中。 今回は、ぬこさんとこの素体を利用させてもらっています。 まずは、目の改造から。 目のラフデザイン(1枚目)を元にエンピツで面にラインを描き(2枚目)、目の穴を拡張しました(3枚目)。 穴の上の部分のラインに、元の目の穴のラインが残って不連続ですが、ココはアイラインで隠れるので、とりあえずこのまま。 次は、口元の改造かな...
2009年08月09日 製作ちぅ…その2
新しい娘、少しずつ製作中... 口元の表情を変えるため、パテ埋め。 パテが余ったので、ついでにアイラインの曲線を修正。 充分乾燥したら、次はやすりがけ。
2009年08月10日 製作ちぅ…その3
植毛はまだ先だけど、今日はメープルさんでウィグを購入。 ホワイトシルバーのロングを2つと毛束を1本。 コミケ前だからか、なんか店内が混んでたなぁ...
2009年08月23日 製作ちぅ…その4
目の開口部のちょっと上、アイラインに沿ってのぞき穴を開けました(写真1枚目)。 ラブちゃんの面は眉毛のトコがメインののぞき穴になってるんですけど、この面の場合は、眉の位置に穴を開けても、中の人の目と合わなくて視界ゼロになっちゃう様です。(左眉のパテは試しに開けた穴を埋めた跡...)
んで、切断されたザルです。(写真2枚目) 今までの眠子の面は全部前半分のみの面だったんですが、今回は半面の素体に後頭部を接合して、頭全体を覆う様にします。 いろいろ考えたんですが、一番安価な方法として、100円ショップで買ってきたザルを加工することにしました。 仮に合わせてみると、こんな感じ(写真3枚目)になって、なんか鉄兜かぶってるみたいですけど、この上にウィグを合わせていけば、違和感は消えるかと。 多分(汗
2009年08月31日 製作ちぅ…その5
さぁ次は下地のサーフェーサーを吹きましょうか...と思いつつ、なんとなく気になるとこがあって、再び面の修正。 覗き穴を顔の中心方向に拡大しました。 修正前の覗き穴だと、視界が左右に分かれてしまって、真正面が見えなかったんですね。 ある程度はしょうがないかなと思ったんですが、写真を撮ってもらうときにカメラを構えてる人が見えなくなるといろいろと不都合なので、できる限り内側まで覗き穴を拡大しました。 これで多少は見えにくいのですが、なんとか真正面が見えるようになりました。 それから、左目の下のラインが滑らかではなかったので、これも修正。 次こそはサーフェーサーを吹いて塗装に入れるかな...?
2009年09月20日 製作ちぅ…その6
当初は、スプレー式のサーフェーサーを吹くつもりだったんだけど、作業場所の都合で筆塗りに変更。 目立った塗りムラにもならず、とりあえず塗装前の下地処理終了(写真1枚目)。 さて、塗装前に後頭部となる、ザルとの合わせを確認(写真2,3枚目)。 面とザルとの曲面の連続性は、思ったほど不自然ではないかな。 アタマのてっぺんに立ってるのはアフォ毛...ではありません。 今回は面とザルの双方に穴を開けて、結束バンドで仮留めしているので、余った部分のバンドがこうなっているんですね。 で、この状態で一旦被ってみると...視界が合わない... ザルの後頭部があることで、面単体で被ったときよりも、面の前後方向に若干浅く、また、上下方向には面が若干下がった感じにずれて被ることになる様です。 その結果、アイラインののぞき穴からは足元しか見えないという状況に。 一旦はパテで埋めてしまった眉毛の位置ののぞき穴を復活させることになりそうです。 まさに一進一退...
2009年09月27日 製作ちぅ…その7
一進一退の新面製作ですが... 一旦作ってしまった後に修正するのは心理的な壁がとても高いので、今の段階で気になったところは、できるだけ潰しておこうと。 で、当初ケガいていた眉のラインを若干下げました。 キャラのデザイン的には眉と目の間隔が広いのですが、眉に開けるのぞき穴を被ったときの自分の目の位置により近くなるようにして、視界を確保するため。 そして、これもキャラのデザイン的にストレートの前髪を下ろしているので、髪がのぞき穴に被って視界の邪魔にならないように。 というわけで、新しく眉のケガキ線を掘って、その位置に新しい覗き穴を開け、以前の眉のケガキ線と、アイラインに開けた覗き穴はパテ埋めしました。 パテが固化したら、またヤスリがけしなきゃ...
2009年11月03日 製作ちぅ…その8
このところお仕事に加えてプライベートでも忙しくなってしまってmixiもHPも中々更新ができていませんでしたが、今はちょっと時間が空いたので間隙をぬって製作を進めてみました。 前回からの進捗。
パテ埋め箇所のヤスリがけ

肌色筆塗り

思った以上に塗りムラ発生

塗膜はがし

スプレーで肌色塗装 ←ここから今日の作業

もうあとちょっとというところで塗料が尽きる ←いまここ
やっぱり一進一退。 現状は、まだ一部サーフェーサーの地色が薄く見えているトコがあったりするので、追加でスプレー塗料を調達して、吹いてあげればとりあえず肌色塗装は完了の予定。 肌色が塗られると、なんとなくマスクに近くなった様に感じられて、嬉しくなったので目を仮合わせしてみた。 手で面を支えて撮ってるので、ブレてますけど(汗 仮とは言え、目が入ると、全然印象が違いますね。 開眼とはよく言ったものです。 というワケで、青紫色の瞳に銀白色の髪の娘。 年内デビューなるか??
2009年11月15日 製作ちぅ…その9
塗装終了しました。 で、一旦外してあった後頭部パーツを接続して、ウィグを合わせてみた。 ウィグの固定には、今までホットボンドとか、マジックテープとか、接着剤とか、色々試してみたけど、今回は、配線用結束バンドの一番細いのを使用。 後頭部のザルの穴を通してウィグを固定したんだけど、今回が一番ラクだったかな。 やり直しもしやすいし。 とりあえずざっくりとウィグをカットした状態がこれ。 本日の作業はこれにて時間切れ。 後は、髪型を整えて、眉、アイライン、覗きを含む、目の周辺の作りこみと、内張りの取り付け。 やっぱり来週末の京都マンガミュージアムでのデビューは間に合わないか...
2009年12月06日 製作ちぅ…その10
約1ヶ月ぶりに製作再開。 と言っても、1時間半程度しか作業時間をとれなかったので、やっぱり牛歩状態。
髪のボリュームアップのために、ウィッグ1個分を追加で植毛。その後若干調髪。

アイラインを接着。

光沢紙にプリントした目のパーツをコーティングして、マスクに接着。
というワケで、現在の状況。 外観は、あと眉のみになりましたが、まだ内張りが残っています。 とわ言え、ココまできたらあともうちょっと。 なんとか年内デビューまで持って行きたいところ。 いちおう12/20TDCのスケジュールを押さえたので、この日がこの娘のデビューになるかなぁ。 なるといいなぁ...
2009年12月13日 『はじめまして、どーも。死神です。なんてね。』
外見では最後のパーツとなる、眉をつけました。 設定よりは眉が若干太めなのですが、覗き穴確保のため、致し方なし。 いちおう紗を貼ってあるけど、覗き穴の肌色の地が見えてるなぁ... 今度なんとかしよう。 いちおうコレで外観はとりあえず完成しました。 既にお気づきの方もいらっしゃるようですが、今回は「しにがみのバラッド」の主人公、モモを着ぐるみ化してみました。 次の週末のTDCコスイベでデビューさせますので、ラブベリ同様、よろしくお願いします。
2009年12月19日 いよいよ明日デビュー♪
日付も変わり、いよいよモモのデビューの日が明日に迫ってきました。 で、デビュー直前のプチ整形。 気になってた眉を、覗きの妨げにならないギリギリまで細く、そして下がり気味に修正。 若干柔らかい感じになったかな? このところイベントではお天気に泣かされてきた眠子ですが、明日はようやく晴れにありつける様です。 ただ、風が強そうなのと、気温が低そうなのは気掛かりですが...
2009年12月19日 製作ちぅ…とりあえず完了
最後に残っていた内張りを取り付けて、とりあえずモモの面が完成しました。 イベントとかに出つつ、髪や視界なんかを調整していくことになるでしょう。 というワケで、デビューにむけての準備もほぼ完了。 明日、TDCでお会いする方々、よろしくお願いします♪
2009年12月27日 カイゼン その1
コミケ参加前にどうしても改善しておきたかった、モモの面の視界。 とりあえず瞳の上部分に新たに覗き穴を開けてみた。 それと、眉の覗き穴にかかる前髪を若干カット。 これで多少、視界改善。 ...ココまで拡大した写真だと、いろんなアラが見えてきますね--;
2010年08月02日 面テ
イベントから戻ってきたばかりですが、いきなり面を大分解。 以前から気になっていた、モモの面の塗りなおしをするためです。 原作でのモモは「透き通るように白い」肌という表現がそこかしこにでてきます。 なので、薄い肌色として、Mr.カラースプレーの「キャラクターフレッシュ(1)」を使ったのですけど、思った以上に白すぎて、撮影時の光の具合によっては真っ白に写ってしまったり、肌タイとの色合いの差が不自然なほどになったりするんです。 というワケで、新たにタミヤカラーの「フラットフレッシュ」で塗りなおしする予定。 アイラインをマスキングテープでマスキングして、塗装準備完了。 時間を見つけてスプレーしよ。
2010年08月02日 日焼け(?)モモ
というワケで、群馬でこんがりと日焼けしてきた、なんとも健康的なモモです。 ...嘘です。すみません。 やっぱり「フラットフレッシュ」は赤みが強い肌色ですね。 元気系のキャラには合うでしょうけど。 写真は、「フラットフレッシュ」を吹いた後に、これはダメだ...と思って、前回使った「キャラクターフレッシュ(1)」を軽く吹いた状態。 なので、「フラットフレッシュ」だけだと、この写真よりも赤みが強くなります。 既に外が暗くなってしまって、塗り具合を見ながらの作業ができないから、明朝早く起きて吹いてみよ。
2010年08月03日 美白(?)モモ
というワケで朝早く起きてラジオ体操...ではなく「キャラクターフレッシュ(1)」吹きなおし。 地色の「フラットフレッシュ」を完全に隠すのではなく、薄く塗り重ねる様に少しずつ様子を見ながら吹いてみました。 肉眼で見るのと、カメラで撮影したのとでも結構差がでることがあるので、いろんなパターンで試し撮り。 ...う〜ん。 肌色の濃さとしては、塗りなおし前のモモから、若干血色が良くなった程度かなぁ。 地色が若干透けて見えてる感じ。 一枚目の写真だとかなり濃くなった様に見えるけど、光の加減でかなり色の具合が変わるね。 前のモモを知ってる人でも、言われないと気付かないかも。 ホント肌色って微妙です。
2010年08月03日 モモ 2.0
というワケでモモがバージョンアップしました。 結局、先代モモと同じ「キャラクターフレッシュ(1)」で塗りなおしたワケですが、先代と違うのは、
・下地に「フラットフレッシュ」が塗られているので、「キャラクターフレッシュ(1)」だけを塗った場合よりも、赤みが増して見える。
・「フラットフレッシュ」の上に、つや消しの仕上げ塗料「Mr.スーパークリアー つや消し」を塗ったので、テカリがない。
というトコ。 写真は室内でフラッシュあり/なしで撮ってみたのですが、やっぱり分かりにくいですね... 肌の色以外だと、今回は唇にピンクをちょこっと差してみました。 あと、眉の部分の覗きの中を黒く塗って、目立たない様にしてます。 というワケで、今後お会いする方々からの反応を参考に、次回バージョンアップの計画を練りたいと思います。

このページのトップへ このページは、眠子のヴァルハラ第2別館です。