WebServerの備考録


asp,netで作成した立体視の画像です。

 A                    C

  A           B          C


jspサーブレットで作成した立体視の画像です。

 A          B            C


java.アプレットで作成した立体視の画像です。


 A         B           C

 上記で見られない場合は


 A                 C

1)javaアプレットを作る簡便な方法。
 netbeansで、アプレットをつくる。(https://netbeans.org/kb/docs/web/applets_ja.html#runanddebug)
 そのアプレットを、merry editorddで、開く。そこで、最初の1行目に書かれているパッケージを削除して、名前を付けて保存する。
 注意点として、文字コードをutf-8(bomなしを選択)
 その後、javac -encoding UTF-8  javaファイルの名前.java(コマンドプロンプトで書く)。そうすると、Javaファイルと同じホルダーに、クラス
 が、作れる。それを、htmlに、貼り付ける。(nerry editorで、netbeansで作成したhtmlを修正して、名前を付けて保存(文字コードは
 utf-8(bom無しを選択)

 javacは、環境変数で設定する。(コントロールパネル>システム>システムの詳細に環境変数の設定画面を表示させ、編集をクリック
 新規をクリック。そうすると、最後の行にカーソルが移動するので、javacのあるホルダーを書く。javacは書かない)

2)glassfishのサーバーの変更
defaultでは、ポート番号は、8080であるが、tomcatでも、8080なので、8000に変更。
http://d.hatena.ne.jp/k155e1/20101026/1288091773 のサイトを参考にして、http://localhost:4848/common/index.jsfのサイトで、
ポート番号を変更する。
3)jspxは、netbeansで、上記サイトで、簡単に作れる。netbeansは、時々、間違えて、ポート番号を、8080にして、エラーが出るが
8000にすると、エラーなく、画像が表示される。
4)aspxは、visual studio 2015 communityで、作れるが、web serverにデプロイ出来ない。
そこで、c:\にホルダーを作り、projectホルダーをコピーする。
iis(インターネット インホーメイション サービス)(コントロールパネル>システムとセキュリティ>システムの詳細にiisがある)

iisの画面にある >desktop-crchf14の>をクリックすると、>サイトが出て来るから、>をクリックをクリックすると、>default web siteが出てくる。
右クリックして、アプリケーションの追加をクリック。エイリアス(任意の名前、英数字)、先ほど作ったホルダーを物理パスの場所に記入する。参照で行うのが簡単に。右側の、*:80(http)参照をクリックすると、ブラウザーに画像が表示される。
ブラウザーでのurlは、次の通り。
http://localhost/pyramidwp4/
http://localhost/masuwp2/
http://localhost/sikakuwp2/
5)aspxを Microsoft expression web4でも、作れる。
 例えば、pyramidの画像のソースは、次の通り。
<%@ Page Language="VB" AutoEventWireup="false"
   Import System.Drawing
   Inherts Syste.UI.Page 
 %>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
    <tit
    le></title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    <div>
        <img  height="500" src="images/pyramid2.png" width="500" /><br />
    </div>
    </form>
</body>
</html>

6) 5)で、行った事をmerry.texteditorで行う方が、ファイルの文字コードをutf(bom無し)を選択出来る。
4)と同じようにして、c:\serveryest\pyramid, masu,sikakuのホルダーを作り、そこに、其々、imageviewerpyramid1.aspx,
......mau1.aspx ,......sikaku1.aspx , web.congig を作り、iisで起動させる。 
そのurlは、次の通り。
http://localhost/stp/
http://localhost/stm/
http://localhost/sts/

その場合、必ず、iisでimagesを追加して、::80(参照)でブラウザーを起動して、チェックする。pyramid2.png,,masu1.png,masu2.png,,sikaku.png,,sikaku2.pngの
画像が表示されるのを確認する。

7)
http://localhost/pyramidwp4/
http://localhost/masuwp2/
http://localhost/sikakuwp2/