不定期刊 〜「旭日帝国英雄伝説」
HOMEPAGE




〜プロローグ
第二次世界大戦「WWU」において、その命そのものを武器とした旭日帝国戦士達の、命を賭した神風攻撃によって
ドイッチュラント第四帝国は、北極総統要塞と共に壊滅し
ドイッチュラント帝国旗艦であった「GOD」グロースオブドイッチュラントも、旭日帝国の正義と平和を愛する戦士、狼崎晶の
桜花改の神風特攻攻撃によって、北極海において消滅した・・
これにより、世界には永久の平和が訪れた・・と、誰しもがそう思っていたが
世界はその後、偽りの民主主義を繁栄させ。正義と平和と平等を勝ち取るための、戦いの記憶を風化させていく
それは、史上最大の戦いの始まり。そのプロローグにすぎなかった

物語は、旭日帝国が特別管理極東大管区となった。西暦2009年12月31日の帝都、新宿大管区において始まる
圧倒的勢力を誇る帝国番連合「番連」に対し。少数精鋭をもって大打撃を与えた、世界的な一騎当千の兵達で構成される、正義派番長連合「正番連」は
関東八州を統治している「関東十番衆」、史上最強と呼ばれる者達と互角に渡り合い
遂に、「関東決戦」において勝利。一時的に帝国の支配権を回復する
だが、その後、帝国を統治するために進駐してきた、第四帝国の後継者達「WAFFENSS」との間に史上最大の激戦を繰り広げ
帝国において名称を変えた約束の地「クルスク」、〜旧秋葉原電脳街において、多数の犠牲者を出しながら
正義派番長連合はかろうじて戦いを勝利に終わらせ。帝国の正義と平和を一時的に回復するが・・・・
WAFFENSSの背後には、世界的秘密結社フリーメーソンが存在しており
戦いは、梁山泊、三国志連合軍他、全ての者達を巻き込み
世界の覇権を賭けた全面戦争へと激化していく

これは、旭日帝国及び世界において起きた、史上最大の戦いを描く。一騎当千の戦士達の姿を描く、旭日帝国英雄伝説の物語である
[(C)STUDIO DEUTSCHLAND 1995〜2010]

(C) 不定期刊 〜「旭日帝国英雄伝説外伝」 1995〜2010
All Rigths Reserved 〜不許複製・無断転載を禁ず


不定期刊 〜「旭日帝国英雄伝説外伝」
ENTER
「ORIGINAL ART」 & 「FANART」
[FANART傾向 〜国内1970年代〜1990年代及び、現在までの傑作作品]


EXIT