i-mobile
ニヒルなニューヨーカーき~くんのきっちり研究所

[新着人気サイト]
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.
2.次長課長
3.デジモンワールドX
4.スウィート・ホーム
5.黒い蠍
6.メロン
7.おおば比呂司
8.とうがらし
9.メロディ
10.マクロスF

i-mobile
girls☆ranking
青空に一番近い場所 [VHS]  はっきり言って外面は完全にB級映画。学生が作ったんじゃないかと思うような
「安っぽい」「荒い」作りが目立つので、それをデフォルメと取るか、
そのまま安っぽいと取るかで評価は分かれるだろう。好みの問題なのでどっちが良い、
悪いとは言えないが、前者の視点で見るとかなり面白い。役者陣が結構豪華で、
演技の面で不足は無いので、演劇を見ている感覚で見たら楽しめるのではないだろうか。
 交通事故の死者より自殺者の方が多い日本。仕事に追われて精神を病んで、
社会的な責任をとって、思春期の悩みで、あるいは借金に追われて……何かというと簡単に
死を選んでしまう日本人に、「生きよう」と訴えてかけている映画。
 描写は明るく、コメディタッチで笑いを誘うが、テーマ自体は結構重い。

サッカー戦術クロニクルII 74年W杯優勝の後、70年代後半にかけてアディダスの広告にカイザー(皇帝)ことベッケンバウアーの写真と共にあった
コピーが現代そして未来のサッカーには「ポジションは存在しない」つまりオールラウンダーを11人揃えてのトータルフットボールが
究極のサッカーの進んでいく方向性であると宣言していたのである。当時はベッケンバウアーらの凄さと相まって
(唯一のサッカーTVプログラムだった三菱ダイヤモンドサッカーもブンデスリーガをよく紹介していたし)今後、世界のサッカーは
西ドイツヤオランダのようなスーパースターを中心に全員攻撃全員守備を繰り広げるスペクタルな競技になっていくのだと
漠然と夢想していたのを覚えている。まだ日本がプロ化するとは思えず、W杯など夢のまた夢だった時代だ。
そんな少年時代の漠としたイメージを理論的に明快な語り口(と言うにはやや流れの悪い部分もあるが)で
欧州の戦術の変遷という大きな流れの中で文章化してみせたところにこの作品の価値があると思う。
前作は説明が足りずやや我田引水な印象もあったが、本作は前作で語られず理解されなかった溝を埋め
サッカーを戦術という側面から掘り下げて見る醍醐味を広く知らしめ得る内容になったのではなかろうか。
ゾーンとマンツーマン、ハードワークとパスワーク等の永遠の課題、ポゼッション、プレッシングのバランス、etc、個人技で勝る
ブラジル、南米陣営に伍する為に練り上げられてきた戦術が最終的には哲学の域に収斂するとの指摘は
サッカー/フットボールという単純故に無限のバリエーションを持つ競技の裾野の広さと奥深さを考える上で正鵠を射ている
と思う。無論、南米の視点から語られればまた違うフェイズが見えてくるだろうし、著者の視座が全てを
俯瞰しているとはいえないかも知れない。が、「コロンブスの卵」よろしく、戦術という切り口で魅せる
サッカー観戦の為のガイドブックという点では出色の出来ではないかとごく個人的には評価している。
岡田ジャパンがGKとDFの間の僅かなスペース、特にゴールニアサイドに走り込んでの攻撃に活路を見出そうとしている
ことも日本の特性と世界の大きな流れの中ではむべなるかなと感じた次第。

ときめきメモリアルドラマシリーズ2 彩のラブソング このストーリで彩ちゃん好きでない奴も好きになるぐらいいいTM2&3
なんてカス同然!!あとあの桑島法子さんが声優を・・

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
★imodeBEST100★

today:009 yesterday:013
TOTAL:22605