i-mobile
エルム街のコマンドーとんくんの気になる雑記帖

★imodeBEST100★
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ヨーヨー・マ
2.鏡明
3.時刻表
4.ラウラ・パウジーニ
5.根本はるみ
6.スターブレード
7.しろー大野
8.きらりん☆レボリューション
9.国分友里恵
10.壁紙

i-mobile
girls☆ranking
Live 2003 (2pc) (W/CD) [DVD] [Import] 日本での人気も上がってきましたね。
2002年、12月に新宿リキッドルームで行われた、
シークレットギグは最高でした。
DVDでの発売を楽しみにしていました。

THE LAST MESSAGE 海猿 プレミアム・エディション [Blu-ray] 『海猿』シリーズ、映画版の第三弾。

ストーリーの深みはそんなにありませんが、シンプルに楽しめました!
今までと変わらない、ファンを裏切らない作りです。
アクション、CG、、成長、感動・・・いろいろと盛り込まれています。

ただ、もう少し仙崎大輔と環菜とのシーンはあってもよかったかな。

でもでも、こんな大きなスケールの映画を日本でも作って、シリーズも続けていることが凄いです。
間違いなく2010年の邦画の顔です!

ということで、DVD or Blu-rayでももう一度観ます!

イン・ユーテロ 『ネヴァーマインド』のポップさが好きな方には、あまりにもヘヴィーでアンダーグラウンド的なサウンドプロダクションに胸焼けを起こしてしまうかもしれません。この作品の良さはポップさよりも、ノイジーで重苦しいサウンドの中にあるブルース的な深みにあるように思います。
ニルヴァーナの楽曲の特徴はメロからサビに移る時の、あの激しく駆け昇るような爆発力、その起伏の激しさにあると思うのですが、この作品においては1曲の中での振れ幅よりも、トータルでのカートの精神の振れ幅がもはや尋常でないレベルに達しているように感じられます。手がつけられないほどに混乱しきっているかと思えば、諦念の極みにあるかのような穏やかさが顔を覗かせたりします。この矛盾こそがニルヴァーナの、そしてカートの魅力なのではないでしょうか。
それにしても1曲1曲抜き出してみると、本当にカートの才能は素晴しいです。『レイプ・ミー』のシンプルかつ深みのあるギターリフ、『ハート・シェイプド・ボックス』のブルージーで魂が震えるようなヴォーカル、そして『オール・アポロジーズ』の暖かみのあるメロディ。全曲いいとは言いませんが、少なくともこの3曲を聴けるだけでも十分に買う価値がある1枚だと思います。

☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:016 yesterday:020
TOTAL:0310