i-mobile
謎のニューヨーカーどんべえちゃんのサクサク動画倉庫

◆画像の森◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.魔訶不思議
2.ロッキー・ザ・ファイナル
3.メイプルストーリー
4.@cosme
5.長島ナオト
6.侍ジャイアンツ
7.テイラー・スウィフト
8.BEST
9.高野苺
10.narinari

i-mobile
[新着人気サイト]
グランツーリスモ 5(初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱) 登場車種は約1000種類(その内、内装まで再現されたプレミアムカーは約2〜3割で、それ以外は車内視点無し、ホイール交換無し、劣化グラフィック等かなり制限されたスタンダードカーという呼称になります)らしいですが、そこまで必要なのか甚だ疑問でなりません。

個人的にプレースタイルが車内視点のみのプレーのため、必然的にスタンダードカーは不要(スタンダードカーが必要となるイベントは無視している為)となり、車種を多くするより、少なくてもいいのでプレミアムカーを増やして欲しく感じました。

プレミアムカーのモデリングの精度に反し、陰影処理が稚拙というギャップがあるため、どうしても違和感を感じてしまいます。

製作者のこだわりでX1という特別な車が用意されておりますが、使用するには条件的なハードルが高く(レベル30必要)、そこまでプレーする事を考えるとRCGではなく忍耐が必要なRPGに陥ってしまいます。

基本的に好き/憧れの車を運転するには経験値と資金が必須で、現状それらはオフラインでしか入手出来ず、またオフラインでレースを繰り返す必要があるにもかかわらず、適車のAIがレール上を走る列車のような挙動で理不尽さ倍増します。

またトロフィー獲得が目的の場合、ライトユーザーにとっては難易度が極端に上がる仕様など疑問に感じる要素が満載です(例:0.○○秒の差で他車に勝利しろ、3周連続のラップタイムを0.○○以内で走行しろ等・・・)

製作者のこだわりが如実に反映されているとは思いますが、こだわり過ぎるとゲームとはかけ離れてしまうのでは・・・と、感じてしまいました。

以上、あくまで主観ですが、AスペックLv27、BスペックLv10、所持金額10億強までプレーした感想です。




ティアック TASCAM CDギタートレーナー CD-GT2 小型のCDプレーヤーで、CDのKey(音程)の半音上げ下げや、スピード(Tempo)のコントローラの機能を捜し求めていました。特にギター用が必要という訳ではなかったのですが、自分はギターの古典的変則調弦でしか(今は)ほとんど弾かないもので、ギタートレーナー用の本装置を購入しました。

CDのkeyが、変則調弦ギターの運指(結構個性的で大変)と合わないと、CDに合わせてアレンジする練習に際し、様々な伴奏や対旋律が、この運指で即興で弾けなくなるもので、普通はギターの方でCDの音程を合わせることになり、カポをつけることになります。

しかし実際やってみると、第3,5,7フレッドまで上げてつけるようになり、この辺がカポの限度です。そこでギターを数本増やし、そのうちアルトギター弦を張って音程をカバーしたりしましたが、それでも、カポ、カポ、カポが必要で、エレキギターでも事態は同じでホトホト困っていました。

ところがこのCDギタートレーナーは、CDの音程を半音ごとに上下自在で、ファインピッチ合わせもついていて、音も素直でよく、極めて便利です。

また勿論曲のテンポも落とせますが、音程が変わらないようにもでき、その際デジタル処理する時に「かすかにでる処理の異常音」も極めて僅かなので、カポ狂時代に比べて飛躍的に能率がアップし満足しています。

初めて聴くCDでも、即興伴奏や対旋律が、ギターの音程の良いところで奏でられるので、いい訓練が出来ます。ようやくカポ・オンリー症から離脱できて助かりました。




Closure [VHS] [Import] 日本では発売できないほどの過激映像満載、ということでそれなりの覚悟をして見た。一本目はライブ中心、二本目はプロモという構成。だが、ライブのほうはドキュメンタリーみたいになっていて、ライブだけで見たい、という人もいるかも。ただし、メンバー全員で白い粉をかけあったり、トレントが犬と靴下で遊んでいたり、デビッド・ボウイが楽屋でくつろいでいたりと結構貴重な映像が多い。ライブそのものは、And All That Could Have Beenに比べると画質音質ともに少し劣るが(まあ向こうはDVDでこれはビデオだから仕方ない)、やはりNINならではのど迫力。見ごたえ十分。トレントばかり映るのが少々気になるといえば気になるが...そして、プロモのほうは、Head Like A HoleからPerfect Drugまでが時代順に見られる。やっぱり昔のほうはちょっぴりダサいが(89年だもの、仕方ない)、Broken時代から急に洗練された映像になってくる。しかし、噂どおりかなり気持ち悪い。トレントの狂気を垣間見たような気がした。個人的に大好きなプロモは、CloserとThe Perfect Drug。両方とも非常に凝っていて、曲の雰囲気に合っている。監督によって作品の雰囲気ががらっと変わっているが、どれもしっかりとNINテイストに仕上がっているのはすごい。

 というわけで、総合すると星4つ。NINワールドにどっぷりつかりたいファンの方は絶対に「買い」でしょう。ただし、疲れているときに見ると余計に疲れるかも..なんてったってナイン・インチ・ネイルズなので、その深遠さは並大抵じゃない。

 


☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
★imodeBEST100★

today:023 yesterday:008
TOTAL:86314