i-mobile
真夜中のルーキーり~くんの栄光の動画リスト

★imodeBEST100★
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.リアルサウンド
2.最後の誘惑
3.イビサ
4.佐藤信夫
5.山口組
6.旋光の輪舞
7.ミニブタ
8.アプリナビ
9.ヤフオク
10.ナノケア

i-mobile
[新着人気サイト]
新しい資本主義 (PHP新書) ものすごく中身がつまっています。

・金融主導の資本主義のどこがおかしいか
・会社は株主のためにあるのか(株券の発行は本来どういうものなのか)
・企業の社会貢献とは(利益を出すことは否定しない)
・利益を出すとは、どういうことか
・現行のIT技術の歪み
・TCP/IPに変わる新しいコア技術の見通し
・技術を核として、それを製品に落とし込み社会貢献へつなげる「経営」
・世界の貧困とどう戦うか
・あちこちに分散する技術と機能を、どう組織化するか
・世界へ独自の貢献をしていくことが日本のためになる
・金融資本主義を支えた価値観と、それに変わる価値観の模索
・できることから一歩づつ

・・・・・・などなど・・・

どのトピックを取っても、じっくり展開すれば数冊の本になるし、実際に読んでいても「もっと詳しく!」と
思わないではいられないほどの中身のつまったものです。
そんな(展開すれば、どこまでも広がるトピック)を、これだけたくさん、短い叙述の間にギュッと詰め込ん
でいるのですから、あまりに急ぎ足な印象はぬぐえず、しかも説明が足りないと思われるところも多々
あります(関連トピックにすでに親しんでいる人には十分でも、初見の人にはきついのでは)。

その著者の叙述の拙速ぶりや急ぎ方(というか焦り方)も含めて、だからこそ、著者の本気ぶりや問題意
識の真摯さが伝わってくる次第。個々のトピックについての著者の見解に賛成するしないはあったとしても、
読んでいると、その基礎にある「志」に感応します。
外務省・財務省・経産省・文科省あたりは、推奨図書として配布すべき・・・ってくらいのものです。

という次第で、著者の『21世紀の国富論』も読んでみることに決定中。
蛇足ですが、行間から滲む “アングロサクソンへの憤懣” には、いろいろ想像中。

劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ 2011年 カレンダー 綺麗なシェリル、可愛いランカがたくさん見れると思ったけど残念。
来年もサヨナラノツバサで出るだろうけどレビュー見てから買おうか決めます…。

ただちょっと言いたいのが、こういうレビューで片方の歌姫が好きじゃないとか書く必要があるの?と思います。

これは「マクロスF」のカレンダーであって「シェリル」のカレンダーじゃないから他のキャラもいて当たり前じゃないですか。

いろんな人が見て購入の参考にするレビューですから、あのキャラが嫌いって主張は見る人を嫌な気持ちにさせると思うのですが。


5年モノ (初回限定盤) 福山雅治は本当に自分の作りたい音楽をこつこつ作る職人のような人だと思います。見掛けのカッコよさに隠れて?あまり公平に評価されてない気がしていて残念なんです。でも、このアルバムを聞いてみて下さい。声質のよさ、歌のうまさ、時代に流されない福山雅治の音楽が鳴っています。いい曲がたくさんあり、アルバム一枚じっくり聞けると思います。本当に大好きなアルバムです。福山さんありがとう!
☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
girls☆ranking

today:015 yesterday:017
TOTAL:83070