木下せんとくんかんちゃんのフランキー時事評論

girls☆ranking
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.太陽にほえろ
2.Neverwinter Nights
3.赤塚不二夫
4.ヒッチコック
5.団鬼六
6.森まりも
7.フンボルト
8.I-185
9.平原綾香
10.妹よ

i-mobile
[新着人気サイト]
2時間でわかる 短期10倍銘柄の見つけ方 本書を執筆された著者の人間性に好感をもつ方も多いはず。
だいたい、本書のように惜しげもなく方法論を開示してくれていることがすごいです(しかもたったの1050円!)。
また、本書と連動しているブログを拝見させていただくと、なおさらファンになってしまいます。

この本は、基本的に「確率論」と「経験則」に基づいてチャートを読み解くことをコンセプトとしています。
未来に起こる株価の変動をまさに「過去」から学ぶという姿勢です。

ですから、現代の科学水準に基づいていくら天気予報をしてもハズレることがある以上、この本に書かれていることは絶対ではありません。

しかも、ブログを拝見していると、筆者の言うとおりに必ずなるわけではないです。

ただ、未来の予測は神様でない限りできません。
ですので、あまり過大な期待をせずに、できる範囲の中でどれだけ儲けを得られるかに集中して本書を使いこなすべきだと思います。

世の中、「運」に左右されない人生なんてないでしょうから、確率論でやることをやったらあとは「運」を待つだけです(「人事を尽くして天命を待つ」)。

本書は一度通読したら、あとでなんども辞書のように使うべきです。
一回読んだだけで、すぐ使えるほど株取引は単純ではないです。


それから、ブログでは要望などをメールで送れるようにしていただけると助かります。
返事をしてるとキリがないでしょうから、その要望の中でもこれは!というのがあれば、ブログで取り上げる仕組みにすればそんな負担はないでしょうし。

さよなら 人は死ぬと、魂が肉体を離れるのだけど、抜け殻となった肉体がミイラ状態で保存されていると、魂が舞い戻り、現生の人間とコミュニケーションができちゃったりする、という、死んだ後にも楽しいことがありそうな前提で成り立っている物語ですよ、これが。じっさい、主人公のじじいは、95歳で死んじゃうんだけど、人助けをしたり、恋をしたりと、老人時代よりも軽快になった精神で、エンジョイしたりするんです。読後感として、そんなんだったら死んでもいい、とは思わんけど。
カプコンデザインワークス どうしてココまでレベルの高い絵描きが集まっているのでしょう!
体温、息使いまで伝わってきそうな生き生きとしたキャラクタ達が
この本にギーッチリ詰まってます。
「絵は格闘だ!」と言わんばかり?です(笑)
とても良い絵が沢山でこのお値段はお買い得です。
魅力的な一冊ですよ。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:006 yesterday:014
TOTAL:85653