HOME

最終更新日:2010/02/04

ブラッシングによる抜け毛予防


抜け毛予防のブラッシング ブラッシングは間違えた方法で行いますと、頭皮を傷付けてしまいます。そして、さらに毛髪のキューティクルをも傷付けてしうことになって髪のダメージに繋がってしまうのです。一方、正しい方法でラッシングをしてあげると、頭皮がほどよく刺激を受け取ることになりますので、結果的には抜け毛の予防になるのです。まずブラッシングは、特に乾燥時に注意しながら、毛髪が少し濡れている状態で行うようにしましょう。

だからといって、逆に濡れ過ぎた状態ですると肝心のキューティクルがはがれてしまいますので、そのあたりを十分に気をつける必要があります。次に、使用するヘアブラシはどのようなものを選んだらよいのかを考えてみますしょう。これは、豚の毛、猪の毛など、髪への摩擦が発生しにくい素材のものを選ぶことをおススメします。ナイロン製、または金属製のヘアブラシでは、頭皮、毛髪共々傷つけられる可能性が大いに出てきてしまいます。

脱毛症 また、ブラシの先がなるべく丸くなっていて、目の大きさがあまり細か過ぎないものを選ぶようにしてください。力の入ったブラッシングをして、頭皮をたっぷりと刺激したいとつい考えがちですが、それではただ単に頭皮を傷つけてしまいます。どうしてもフケなどを落とそうとするために、シャンプーのにのブラッシングを行う方も同様となります。ですので、ブラッシングでは、頭皮へブラシの先端を強く押し付けないようにします。

また、ブラッシングの途中で髪が絡まってしまったら、無理して引っ張ったりせずに、一度絡った毛髪をゆっくりとほどいていきましょう。以上より、抜け毛予防に適したブラッシングについて、頭皮と髪に出来るだけ負担をかけない素材のヘアブラシを選ぶ、丁寧に優しくブラッシングをする、というようにまとめることが出来ます。

[PR]インディアンの育毛剤の効果|私が使った感想
[PR]水道橋博士が育毛に成功した商品って何?
[PR]【育毛メソセラピー】で薄毛治療ができます
[PR]【柑気楼(かんきろう)】の育毛効果を徹底調査